音声をテキスト化する

オフィス

自動化のメリット

音声自動化とは音声認識機能を用いて音声をテキスト化するというものです。これまで音声をテキスト化する場合にはテープ起こしと呼ばれる作業を人力によって行ってきましたが、これらをコンピューターの力で行います。メリットとしては省力化できることですが、一方で精度に関しては必ずしも現在の音声自動化は高くないことがデメリットです。それでも一昔前の音声自動化に比べると格段に精度は良くなっており音声をテキスト化するさいの省力化に繋げることができます。一方で正確な書類ではなく備忘録やメモとして会議やミーティングの音声をテキスト化するといったことに使うことで過去の発言などを検索することが可能になります。このような用途として音声自動化を導入するところも増えています。音声自動化を選ぶさいのポイントとしては用語に対応していることです。ビジネス向けの音声自動化ではさまざまな用語に対応したものがあり、それぞれの業種において必要なものを選ぶことです。また日本語の音声自動化でネックとなっているのが同音異義語で、辞書が少ないと精度が劣りますが、高性能なものであれば前後の文脈をもとに適した文字を選び出すことができます。また音声自動化でもクラウドタイプのものでは学習機能を共有することができます。このため社内で音声自動化を共有し使い続けることで極めて高精度な音声のテキスト化が可能になり、これによって音声のテキスト化が省力化することができます。